実はとってもややこしいNLP協会について解説します!

NLP協会の疑問を解消するサイト  » NLP実践テクニック » 自分自身を変える
 

自分自身を変える

NLPを学ぶことで、自分自身を高めることも可能になります。
たとえば、自分自身の心を理解したり、自分の感情をコントロールすることができるようになります。過去のトラウマや恐怖症、あがり症の克服にも高い効果が期待できるため、常に良いコンディションが保てるというわけです。
また、ある特定の動作をすることによって、自分自身の最高の状態を引き出すこともできるのです。

さらに、自分を変える方法を学び、自分や他者との問題解決が図れるようになります。
たとえば、ある人の考え方や行動、しぐさ、思考パターンなどを観察し、それを学ぶことで、その人と同じような結果を得ることができるようになります。

目標を明確にし、達成するためのテクニック

NLPを学び、目的、目標を明確にすることで、その目標を達成しやすくなります。NLPでは、その目標をより具体的に、より明確にするスキルやコミュニケーションを学び、実践していくからです。

このコミュニケーションには、他者とのコミュニケーションだけでなく、自分自身とのコミュニケーションがあります。自分自身とのコミュニケーションで、目標を達成するために必要なこと、また、その達成の妨げとなっているものを知るのです。
たとえば、ある目標を立てたときに、次のような質問をします。

  • あなたの望むゴールはなにか
  • ゴールが手に入ったらどのようにわかるのか
  • ゴールはいつ、どこで、誰とつくるのか
  • ゴールを手に入れたら人間関係や周りの環境はどのように変化するか
  • ゴール達成のために、あなたがすでに持っている要素は?
  • 現在、ゴールを手に入れるのを止めているものはなにか
  • ゴールを手に入れることは、あなたにとってどのような意味があるのか
  • まず何からはじめるか。具体的な行動プランは?

これは、8フレームアウトカムという手法ですが、全部で8つの質問をして、その質問に答えていくことで、目標が明確になり、具体的にどのような行動を起こせばいいのかがわかり、目標達成の実現へとつながっていくのです。

 
ページの先頭へ