実はとってもややこしいNLP協会について解説します!

NLP協会の疑問を解消するサイト  » NLP実践テクニック » 能力を高めることで変わることがある
 

能力を高めることで変わることがある

必ずということではありませんが、能力の向上を通して、セルフイメージを高めていくことができます。
NLP協会公認のプラクティショナーコースを受講すると、ニューロ・ロジカル・レベルを学ぶことができます。その中で、能力の向上とセルフイメージの関係について学ぶことができますので、少しご紹介させて頂きます。

まずは、ご質問なのですが、あなたの仕事についてイメージして下さい。入社当時に困難に思えたことや、難しく考えていたこと、上手くできなかったことなどについイメージして下さい。
そして月日が経っていると思いますが、今はどうですか?
経験を積んだことに対してのみイメージして下さい。それがNLPのニューロ・ロジカル・レベルの話に関係してきます。

 

多くの方は、経験を積む、繰り返し行う、結果の出る方法や基本を学ぶ。というようなプロセスを踏むことで、当たり前にできるようになったのではないでしょうか?
その結果、あなたのセルフイメージはどうなりましたか?
当たり前にできるというセルフイメージを持たれたのではないでしょうか。

ここに、NLPのニューロ・ロジカル・レベルの能力レベルの向上と、セルフイメージの向上の関係があります。
何かといいますと、能力が高まることで、「できない」「難しい」「分からない」という自己評価が、「できる」「できるかも」「面白そう」「このまま頑張ればなんとかなる」などの自己評価に変わり始めます。
その上で、あることをきっかけに、変わり始めた自己認識評価が定着します。

何だと思いますか?

それは結果を出すことと、周りからの評価です。そして定着していきます。
なぜならば、実際に能力を高めたあなたの行動が結果を出した時に、確信に変わります。さらに、周りからの評価もいただくことで、確信は高まります。
このように、NLPのニューロ・ロジカル・レベルの中にある能力レベルの変化は、あなたのセルフイメージの変化につながります。

ですので、恐れることなく、期待して楽しみながら学び続けて、能力レベルを向上させていって下さい。

 
ページの先頭へ