実はとってもややこしいNLP協会について解説します!

NLP協会の疑問を解消するサイト  » NLP協会が教えるセミナーの選び方 » 団体の信頼性を見極める
 

団体の信頼性を見極める

費用やセミナーの質、虚偽の広告など、信頼できるセミナーかどうかをチェックするポイントはいくつかあります。
意味のあるセミナーを受け、自分に必要なテクニックを身につけるため、以下を参考にセミナーを選んでください。

受講費用が適正か

団体の信頼性を見極めるには、まず、受講費用が適切に設定されているかどうかを調べます。NLPのセミナーでは、価格は統一ではありません。低価格で受講できる団体から、非常に高額な費用を掲げている団体まで、価格設定は幅広く存在しています。

受講費用の目安として、一般的なNLPの資格が取得できるプラクティショナーコースの場合、日本では30万円から40万円くらいというのが相場のようです。これよりも大幅に高額な団体はもちろん、安すぎる団体のセミナーも、注意したほうがいいでしょう。

NLPの流れを説明できるか

受講費用のほか、団体の信頼性を見るポイントとして、NLPの発祥から現在までの流れについて、きちんと説明できるかどうかも重要です。

前述のように、NLP協会には全米NLP協会、米国NLP協会、日本NLP協会などが存在しています。
アメリカで「3大NLP」といわれている団体は、「全米NLP協会 タッド・ジェームスカンパニー」「NLPコンプリヘンシブ」「NLPユニバーシティ」です。

日本で3大NLPがあまり知られていない理由や米国NLPの流れをくんだ団体が多い理由を別ページで解説しましたが、そのような流れをきちんと説明して、NLPの実情をしっかり教えてくれるかどうかでも、その団体の誠実性を見ることができるといえます。

広告上の実績は信頼できるか

ホームページや資料などに載せる実績は、第三者機関で調査されたものを記載するのが一般的です。数あるNLP団体の中には、第三者機関の証明がないにも関わらず、「ナンバー1の実績」などを謳っているところもないとはいえません。

NLP団体に限らず、消費者の誤解を招く広告を出す業者は、とうてい信頼できるところではありません。このような誇大広告、偽りの情報にだまされないように注意しましょう。

 
ページの先頭へ