実はとってもややこしいNLP協会について解説します!

NLP協会の疑問を解消するサイト  » NLP協会が教えるセミナーの選び方 » NLPセミナー比較
 

NLPセミナー比較

セミナー内容、トレーナーのレベル、フォロー体制など、NLPセミナーの選び方のポイントについて別のページで説明してきましたが、ここでは実際に、それらのチェックポイントを踏まえ、独自におすすめのセミナーを選びました。

NLP-JAPANラーニング・センター
1位

ビジネス:★★★
セラピー:★--
取得できる資格

・全米NLP協会 認定資格
・日本NLP協会 認定資格
・Success Strategies 認定資格

資格セミナー修了後、上の3資格が取れる

資格取得コース プラクティショナーコース(10日間 358,000円
体験・入門コース ハイパーコミュニケーションセミナー
(2日間 79,800円)
体験講座(約2時間半 2,000円)

〈特徴〉
トレーナーの質:★★★
フォローアップ :★★★
ビジネス向けセミナーならココ。海外有名トレーナーとの提携関係にあったり、トレーナーは2つ以上のNLPトレーナーズ・トレーニングを修了しているなど、トレーナーの質が高い。
また、3つの資格を同時に取得できるため、向上心の高い参加者が多く集まる。これまでの参加人数は9,452名。一般会社員から経営者まで参加者層の幅が広く、人脈が広がりやすい。受講後も定期的な勉強会や著名人の講演会などを開催し、フォロー体制も◎


NLP-ラーニング
2位

ビジネス:
★★★
セラピー:★--
取得できる資格 ・米国NLP協会 認定資格
資格取得コース プラクティショナーコース(10日間 324,000円)
体験・入門コース 各種1日セミナー(1日 16,200円~)

〈特徴〉
トレーナーの質:★★-
フォローアップ :★★★
ビジネス向けセミナーが得意。日常で実際にNLPを使いこなせる「実践性」と自己の「実際の変化」を重視。プラクティショナーコース修了後、再受講生用の特別プラクティショナーコースあり(有料)。受講生同士の勉強会を毎月開催。


NLPインスティテュート/NLP研究所
3位

ビジネス:★--
セラピー:★★★
取得できる資格 ・NLP研究所の認定証(オリジナル資格)
資格取得コース プラクティショナー認定コース
(10日間 324,000円)
体験・入門コース コミュニケーション・ビジョンセミナー
(2日間 61,000円)
体験説明会(約2時間 2,000円)

〈特徴〉
トレーナーの質:★★-
フォローアップ :★★★
セラピー系が得意で、子育てに活かしたい主婦の参加が多い。
スタッフが毎年アメリカに出向き、新しいメソッドを取り入れている。テーマを決めての勉強会や、受講生主催の勉強会を毎月行っている。


VOICE(ヴォイス)
4位

ビジネス:★★-
セラピー:★★-
取得できる資格 ・米国NLP協会 認定資格
資格取得コース 米国NLPプラクティショナー講座
(14日間 462,000円)
体験・入門コース NLPミニセミナー(2時間 3,000円)

〈特徴〉
トレーナーの質:★★-
フォローアップ :★★-
ビジネス&セラピーどちらも幅広く学べる。米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホールのセミナーあり(参加に制限あり)。プラクティショ ナー講座からトレーナーズトレーニングまで、米国NLP協会認定講座を一貫して受講することができる。


シナジープラス
5位

ビジネス:
★★-
セラピー:★--
取得できる資格 ・米国NLP協会 認定資格
資格取得コース 米国NLP協会認定プラクティショナーコース
(8日間 375,000円)
体験・入門コース 2日間速習NLPセミナー(2日間 95,000円)

〈特徴〉
トレーナーの質:★--
フォローアップ :★★-
2日間で学ぶセミナーが人気。全ての講座に完全返金保証あり。NLPの専門セミナーではなく、英会話や食生活&ライフスタイルのセミナー、ヨガやピラティスなどを取り入れたセミナーなども開催。

9,452人が学んだ実績あるセミナーとは

評判の高い5つのセミナーを選んで比較しましたが、現在のところ、頭ひとつ抜きん出ているのは、ビジネス向けNLPとして多くの人に支持されているNLP-JAPANラーニング・センターのセミナーでしょうか。
これまでにこのセミナーで学んだ人の数は、8,700人を超えるといいます。
それだけ多くの人に選ばれている理由は何なのでしょうか。

1、レベルの高い内容が選ばれている

NLP-JAPANラーニング・センターのトレーナーは、2つ以上のトレーナーズ・トレーニングを修了した人のみ。これは、日本のNLP団体の中でも、もっとも厳しく高いトレ-ナー基準です。
NLPは協会や団体によって知識にバラつきがあると言われています。しかし、2つ以上の専門トレーニングを積んだトレーナーは、一定以上の知識と経験を持ち合わせているため、おのずとセミナー自体のレベルも高くなるというわけです。

受講後も、トレーナーが指導する月に1回の勉強会があるので、セミナーの復習をしたり、課題を克服したりと、知識やテクニックを磨き続けることができます。

2、資格取得を目指す人に選ばれている

2つの資格

プラクティショナーコースでは、全米NLP協会、日本NLP協会、Success Strategies社のLABプロファイルの認定資格を3つ同時に取得することが可能です。これができるのは、日本ではNLP-JAPANラーニング・センターだけなので、NLP資格取得を目指す人にとって有利。

しかも、本場アメリカで人気の高い、全米NLP協会の資格が取れる日本で唯一のセミナーです。米国NLP協会系列のセミナー参加後に、さらなるレベルアップを目指して、NLP-JAPANラーニング・センターのセミナーを受けなおす人もいるそうです。

3、活気ある雰囲気が選ばれている

自分を高めたい、ビジネススキルを高めたい、資格を取得したい、という向上心の高い参加者がたくさん集まっているため、セミナーは自然と前向きで活気ある空気となります(もしかすると、トレーナーがそういう空気を作り上げているのかもしれませんが)。

様々な職業、立場の人と知り合うことができ、交流の輪が広がっていくのも、ビジネスに特化したセミナーの魅力のひとつです。

自分自身を高め、仕事でのコミュニケーション能力の向上を図る目的なら、人気・実績ともに、NLP-JAPANラーニング・センターを置いて他にはないでしょう。

<<いまもっとも選ばれているおすすめセミナーはこちら>>

 
ページの先頭へ